A.C.Middle-Range A.C.Middle-Range

コンセプトと理念
CONCEPT

コンセプト

弊クラブは、2001年10月に設立された社会人サッカークラブです。 現代表である藤田が発起人となり、中学時代・高校時代のサッカー仲間を募り17名のメンバーで始動しました。
翌春の2002年には大阪府社会人リーグ5部に新規参入し、6勝1分で優勝。2003年には大阪府4部優勝、2004年には大阪府3部優勝と毎年順調にカテゴリーを上げるとともに徐々にメンバー数を増やし 安定的に活動を実施してきました。 2005年からは大阪府社会人リーグ2部、2016年からは大阪府社会人リーグ1部に所属しています。
また、別カテゴリーとして2012年からより生涯スポーツとしてのサッカーをエンジョイすることを重視したチーム「クラシック」を、 2016年からは競技志向の新チーム「セカンド」を設立し、 「トップチーム」を含めた3チーム体制とし、より幅広い層がサッカーを楽しめる環境を整備しています。
2019年4月にはより安定した運営基盤の構築や透明性の高い会計制度の実現、社会人サッカーのステータス向上のため運営母体として一般社団法人を設立。 所属メンバー総数は約100名を数えるなど(2019年4月時点)、育成組織ではない純然たる社会人サッカークラブとしては、大阪府はもとより国内でも有数の規模のクラブになりました。
トップチーム・セカンドチームは「競技スポーツ」として、クラシックは「生涯スポーツ」として、真剣にサッカーに取り組む楽しさを知り、大切な仲間と出会い、メンバーの誰もが「人間として」 成長できる環境を創造することを目標として活動しています。

活動理念

真剣にサッカーに取り組むこと

競技スポーツ・生涯スポーツのカテゴリーを問わず、初めから勝負事で負けて良いものはないと我々は考えます。我々は一生懸命になって目の前にあるボールを蹴り、 ひとつひとつの試合に勝つために全力を注げる人と一緒にプレーしたいと思っています。 そして真剣にサッカーに取り組んでこそ得られる充実感を求めて活動します。

愛されるクラブであること

アマチュアサッカークラブである我々にとって、サッカーは仕事ではなくあくまでも趣味です。しかし真剣に取り組み、家族や友人など周囲の方々に共感されるような趣味でありたいと思います。 我々は所属メンバーだけでなく、その周囲の方々にも愛され応援されるクラブを目指します。

出会いを大切にすること

人生において出会いは宝物です。チームメイトのみならず、対戦チームや協会・審判、メーカー、パートナー企業・店舗様など様々な出会いがあります。我々は1つ1つの出会いに感謝し、 一生の仲間と出会うことができる場を作り、人と人の縁を紡ぎ続けていくことを喜びとします。