A.C.Middle-Range A.C.Middle-Range
MENU

[トップ]公式戦結果
NEWS

10/13 大阪社会人リーグの結果

審判でのミスがあり、負ければ降格というこの試合、今期で最大の集中力を持って臨んだ。
祝日ということもありメンバーも多くはなかったが、参加者は全てチームの置かれた状況に応じたすばらしいプレーを見せてくれた。
相手のマイスターFCは対戦したこともなく、名前を知っている程度のチーム。情報も全くない中キックオフ。前半開始早々、洋輔のシュートがバーに当たるというスタート。悪癖であるスロースターターも顔をのぞかせずキックオフと同時に一気呵成に攻め立てる。ヤナギの抜群のキープ力、淳也のリーチを生かしたポストプレーを起点とし攻勢に出るがなかなかゴールが奪えない。
そんな中、洋輔のループパスに淳也が抜け出し、キーパーと1対1になり強烈なシュート!これが決まり貴重な先制点を奪う。ここから試合を優位に進め、藤田のスルーパスに弘晃が抜け出し、ペナルティエリアの中でユニフォームを引っ張られPKを獲得。これをヤナギが確実に決め2-0として前半を折り返す。
後半に入り、消化試合ということもあってか運動量の落ちた相手に対し一方的に攻め立てる。藤田のドリブル突破からPKを獲得しまたもヤナギが決め3-0。コーナーキックから洋輔が決め、最後は田邉のシュートがポストに弾かれたところをなぜが新田がダメ押しゴール!!
ギリギリのところで何とか踏みとどまり5-0の勝利を収め無事に残留を決めることができた。
この集中力をリーグ開幕から出せていれば・・・と思わないこともないが、そんなことを言い出すとキリがないのでやめておこう。それを来期実現できるよう精進するのみ!次は社会人選手権!!
【本日のメンバー】
GK : 原武史
DF : 鈴木、新田、弘中、稲見
MF : 竹中(谷本)、藤田(田邉)、原弘晃(岩田)、中村
FW : 柳田、福井淳(桝井)
原 武史 6.0 大きなピンチは後半に相手のヘディングシュートがポストに当たったのみ。他は全て無難にさばき、ミスは特になし。キックも安定していた。
鈴木 亮平 7.0 抜群の読みとセンスでシャットアウト。ビルドアップでも精度の高いプレーが光る。今日はヘディングでも競り勝つシーンが目立ち、自身のリーグ最終戦を勝利で締めくくる。ヨクデキマシター。
新田 元康 6.0 上背のある相手FWにヘディングで競り負けるシーンがあり、友太とのチャレンジ&カバーにもぎこちなさが残った。とはいえさすがはサッカーマシーン、要所要所は堅実なプレーで試合を引き締め、コーチングも含め見事にチームをリードしていた。
弘中 友太 6.5 対人プレーへの強さを発揮するとともにビルドアップでも正確なプレーでチームに貢献。派手さはないがスタミナが切れることもなく実に安定していた。でも、ケンカはダメだよ。
稲見 慎哉 6.0 持ち味であるオーバーラップを自重しバランス取りに腐心した。腰痛と戦いながらもあらゆる局面で闘志溢れるプレーを披露し、完封勝利に貢献。
竹中 弘樹 6.5 ピンチを未然に防ぐポジショニングセンスが光る。巧みにスペースをケアしバイタルエリアで相手を自由にさせなかった。余裕があれば大きな展開も欲しいがワンボランチとして与えられた役割を全うした。
藤田 圭吾 6.0 まだまだ運動量、キレともに不満は残るが、負けられない大事な一戦で2つのPK獲得に貢献。得点に絡む決定的な仕事ができた。
原 弘晃 6.0 相変わらず消える時間が長いものの、貴重な追加点となるPKを自慢の突破力から奪取。ツボにはまったときの破壊力は侮れないが、その力をコンスタントに発揮することが最大の課題か。
中村 洋輔 6.5 朝はサークルの試合、昼は審判と劣悪なコンディションの中で奮闘。審判問題での責任もあったであろうが、1得点1アシストの活躍でチームを勝利に導く。新たな司令塔としてセンスの高さを見せつけた。
福井 淳也 6.5 体が重そうな印象は残るものの、得意の強シュートで大きな先制点を奪う。高さとリーチの長さを活かしたポストプレーで攻撃の起点となり、ターゲットマンとしての責務を果たす。
柳田 俊介 7.0 さすがのキープ力とドリブルワークで相手守備陣をかき回す。相手はほとんどヤナギのドリブルと身のこなしについていけていなかった。
PKではあるが2得点をマークし見事な活躍ぶり。
岩田 勇也 6.0 試合勘が戻っていないのかまだまだ本調子には及ばず。
役割分担も曖昧だったためサイドでは彼の持ち味は活きなかったが、勇也ならではの精度の高いパスも見受けられ、今後に期待。
田邉 将也 5.5 1得点に絡むも、直前までの体調不良の影響を引きずってか、らしくなく弱気なプレーが散見された。もともと持っているスピードとフィジカルは高いものがあるが、それらの能力も、それ以上に高水準にあるハートの強さによって活かされていることを再確認しよう。
桝井 大介 5.5 効果的なポストプレーも何度かあったが、やはり試合勘の欠如は否めなかった。若干体が重そうでセカンドボールの争いで後手を踏むことがった。
最後のチャンスは決めたかったか。
谷本 昌紀 ― 出場時間が短く採点できず。